· 

作業だけ教えるのではダメ


ども。

 

今回のお題は『作業”だけ”教える”だけ”では成長してくれない』です。

 

本日から新規募集をかけ始めました。

 

現在従事してくれていますスタッフも約一か月以上経過し、

 

担当する業務について、ほぼ手放しで進めてくれている状況ではあります。

 

そのルーティン業務の中で、

 

まったく質問の無い日があるかというと実情そうではなく、

 

やはりまだまだ質問が発生する状況が多いものです。

 

しかしそれでも大体二か月も経過すれば、

 

毎度確認する事もなくなるのではないかと考えています。

 

それが仕事に

 

”慣れる”

 

”理解する”

 

”任される”

 

なんだと思います。

 

また、そういう状況一緒に目指して人の指導教育をしていかないと、

 

いつまでたっても”確認したり、される”繰り返され

 

隙あらばお互いの時間奪い合う酷い現場が出来上がってしまいます。

 

 

やはり作業だけ教えるのでは限界があるのです。

 

そういった作業だけ教えて完成みたいな勘違い担当者は多く、

 

前後や周囲の状況や求められてる役割が理解できていない為に、

 

「これはどうすれば」

 

「次は何をすれば」

 

といった問い合わせが多く発生し続ける現場を見てきました。

 

またその問い合わせが頻繁にある事が、

 

自分が担当者である事

 

”存在意義”

 

”やりがい”

 

と勘違いする人も多く・・・。

 

本当は、そういう問い合わせも一切なく、

 

担当がいなくても現場が回り、

 

仕事が予定通り終わっていっている現場を目指すべきなのです。

 

 

”作業者”を目指すのか”管理者”を目指すのか、

 

”社長”を目指すのか”経営者”を目指すのかといった違いでもあるので、

 

色々考えていかないといけない事なんですけどね。