· 

本当に怖い仕事上のミス

どうも、死の谷の者です。

 

今朝の通勤時、新小学一年生達が入学式に向かっていました。

それを見て、こちらも気が引き締まる思いでした。

うちの新年度はまったく月が違うので、4月がそういうシーズンであるという事も

すっかり忘れてしまっていました。

 

名刺管理ソフトのEightでも、昔の仲間の異動通知メールなどがあり、

新年度開始の合図なんだな~としみじみ眺めていました。

 

そんな4月のフレッシュな時期、我々は配食事業において色々なトラブルに見舞われていました(^^;

人を雇うというのはそういうリスクを孕んでいるので、受けて立ちましょうの気持ちですが。

 

未来の自分達の覚えとして、記事にしようと思いました。

 

 

主に配達での事案が多かったですね。

・遅配

・誤配

という配達においてすごくありがちな内容です。

 

それも起こってしまった事は仕方がないと思っています。

悲しいのは、何も罪のないお客様にご迷惑をおかけしてしまった点のみで。

結果それが原因で離客するなどがあっては事業的損害も大きいです。

今日は、お客様にど叱られたりと数か月に渡り培ってきた信頼を一瞬で失う事態があったので、

ベリーホットな話題。

 

私が昔から思っている事として、

”信用は一日にして成らず、失望は一瞬で成りえる”

という事を自分の経験からいつも思っています。

 

慎重に事を進め確実を目指す体制は、いつ何時も変更してはいけませんね。

今は陽気に誘われる時期ですが、気を引き締めて参りましょう