· 

「小僧寿し」が債務超過とか


「小僧寿し」債務超過で“ピンチ” すし業界の栄枯盛衰

Yahoo!ニュース 3/28(木) 19:16配信 FNN

 

私の幼少時代もお世話になった、お手軽な持ち帰りすし店であった「小僧寿し」も苦境に陥っていると記事で知った。

時代の変化の煽りを受けているなと。

 

妹がここのお寿司というかドラえもんコラボパッケージが好きで、急に「お寿司食べたい」と言うと妹には甘々な両親が要望に応じ、私に買い出しの指令を出すのであった。※微妙に近い場所にあったので買い出し役はいつも私。

 

今でこそ回転ずしで一皿100円の時代だが、当時お寿司と言えば「高い」というイメージというか実際に高かったので、私の家族の様な庶民が気軽に食べられる様になった功績は非常に大きいと思う。

しかし、回転ずしの出現やせっかくならお店で食べたい(家を汚したくない、ゴミを出したくない)という顧客ニーズの移り変わりにより、持ち帰りすしは苦境に立たされているという訳だ。

 

「小僧寿し」に限らず、家の近所にも夫婦でやられている持ち帰りすし店があったりと、持ち帰りのすしの認知と利用度はかなり高かった記憶がある。

今はめっきり少なくなったが、現在住んでいる地域で名古屋空港そばに一軒見つけたので、久しぶりに利用してみるかと思った次第。

 

あなたは「小僧寿し」を利用したことや思い出はありますか?

 

事業投資の難しさ、顧客ニーズを捉え続ける事の難しさを認識しました。