· 

期待をせずに淡々とこなす


お世話になります!!

ありがたい事に、忙しい状況が続いています。

 

最近自分達の心境の変化に気付く事があり、

今の自分達ってこんな感じだよねって事を社長と話してました。

 

 

それは、タイトルにもある『期待をしない』という心境。

 

 

起業したての頃。

特に根拠は無いんですが、なんか上手くいく期待ばかりがあった気がします。

そんな状況で物事上手く行く訳が無いって事は、確か知ってたはずなんですが、浮かれてしまい都合良く忘れてしまっていたみたいで。

 

 そんなセオリー通り、幻覚を見ている様な状況で手を出した案件はことごとく不発に終わり、あった資金も湯水の如く出ていきました。

 思い出すだけでも(´༎ຶོρ༎ຶོ`)な状況になります。

 

 

ええ、失敗ですよ。

「勉強になった~♪」なんてカッコつけた言い回しは不要。失敗は失敗です。

そして売上0円のまま、資金が3分の1になるのは三か月とかからなかったですね(汗)

まさに安易な起業の典型です。(ドヤァ!!)

 

そして当時、自分達が勝手に期待をしていただけなのに裏切られたみたいな事も言ってた気がします。

何も起こっていないというのに勝手なもんですよね。

色々な厳しさを痛烈に味わったのもこの時です。

サラリーマン時代とはまったく違う異質の辛さです。何の後ろ盾も無いこの状況。

 

 

 

切羽詰まりました。だって売上0円なんですもん、どことも取引すら無いんですもん_:(´ཀ`」 ∠):

そこでまずは少額でもお金が入る企業体質にならないといけないと考えました。事業の見直しです。

 

正に『背水の陣』 行くも地獄、戻るも地獄のこの状況。

 

その際、仕事においては知り合いや友人関係からの流れを一旦絶つ事に。

スタートをそこに頼ってしまったのは間違いだと気付きました。

知った間柄、中々厳しい事は言ってもらえません。それが自分自身を甘やかしてしまったと。

そして買ってくれないと逆恨み、人として最低な状況(笑)

まぁ、ちゃんと実力をつけてからのお付き合いはいいと思うのですけどね。

そん時はよろしく~( ´3´)

 

そうやって甘えが生じる状況を排除し、自らを未経験の場の放り込み鍛えるという観点からの事業見直し。

そこからは先行投資で買ってしまったスズキのエブリィちゃんを活用し、軽貨物業務で出て行った資金の穴埋めをしつつ、追加の資金繰りや物件探しなどに奔走し今に至ります。

まだまだ道半ばです。

 

 

★そして心境の変化★

勝手にコンテンパンにやられた我々は「期待せずに淡々とやれる事をやる」心境に落ち着きました。

今後わざわざ我々の前にやってくるイケてない出来事は、「ま、いっか」「そんなもんでしょ」とあしらわれていく事になるでしょう。いちいち反応するのは結構パワー使うのですよ。

 

 

★注意点★

この心境は勘違いしやすいところがあり、気を付けなければいけない事があります。

「期待をしない」は決して「感情を殺す」という事では無いという事。

人間として持ち合わせている当たり前の感情を殺す事は、期待をしないという事とはまったく違うというのを理解しておかないといけないかと。

良い結果は喜べばよく、悪い結果は軽く受け流し次に向かう。これの繰り返し。

 

かなり遠回りをし金も使ってしまったのですが、収穫があったとしておきたいですね。

仕事は大変ですが、気持ちの面では楽になっています。

 


よかったらポチっと

~PR~