· 

配食のふれ愛一宮店 開店準備


 いやぁ~それにしても長かった。

何が”長かった”というと、配食のふれ愛 一宮店の動き始めは、今年5月初旬に諸々の契約事は済んでいたのですが、担当SVさんがかなり忙しいらしく、9月オープンになってしまいました。

ただ、こちらも物件探し等の動きもありましたので逆に助かったなってところです。

 

 ここに来るまでには色々な事がありました。短期間に有り過ぎましたね。

特に厳しい洗礼を受けたのは『融資』。

 

 創業時における融資獲得の一番手は、やはり”日本政策金融公庫”さんであると、どこを見ても書いてあるので、セオリーに従い融資審査を受けてみたもののあえなく撃沈。それはもう見事に(笑)

あまりもアッサリと審査落ちしたので、

 

 それから、会えば社長と二人で「もうやるのは決まってるんで、自己資金投入すっか」と相談ばかりしておりました。もう不安で二人で毎回確認しあっている様な状況。いつかどちらかが「もう全部俺が出すよ」と言ってくれないかとまで思う心持ちでありました(汗)

 

 ただこのまま否定されたままでは悔しいので、ダメもとで他の金融機関もあたってみようと動いてみたところ、保証協会付で以前口座を作ってもらった銀行よりお借りできる事になり。

しかも希望金額の満額でっ!!ありがたや、ありがたや・・・。拾う神ありって本当だったのねと。

 

 自分達の活動資金が無くなるというのは、サラリーマン時代の「予算が足りない」とは訳が違います。

砂漠のど真ん中で食料や燃料が無くなるのと同じくらいの生命の危機を感じる。だが我々は生き残ってしまったのだっ!!ヒャッハー!!!!などと取り乱しつつ、資金は作れたのだが、あくまでも借金ではあるので、気を引き締めてやっていこうと誓ったのでした。

 

他にも失敗談は色々あるのですが、今はそれを思い出しているよりは先に進む時、また時間のある時にでも・・・(^^;)

 


~PR~